• ホーム
  • 昔の避妊ってどうやっていたの?

昔の避妊ってどうやっていたの?

今みたいにコンドームのような避妊具がない時代にはコンドームの代わりに一体どのような避妊方法があったのでしょうか。
調べてみると、文献等から世界中で様々な方法があった事が分かります。

紀元前1850年のエジプトでは女性がハチミツとワニの糞を混ぜたものを子宮頚部の近くまで挿入し精子の侵入を防ごうとしていました。
何故この二つを混ぜたのかというと、ハチミツには抗菌性があり、べたべたしているのでワニの糞が子宮頚部の近くにくっつきやすくなるからです。
実際に効果があったかどうかは分かりませんが、それでも何千年もの間、文書として残されてきているので当時の人にとっては信憑性があったものと推測する事が出来ます。

同じく紀元前1550年頃のエジプトではハチミツとアカシアの葉を混ぜたものを膣管の内側に塗る事で精子を殺傷していたという記録がパピルスの古文書に残されています。
古代ローマでは膣内に射精された後女性は息を止めてすぐに立ち上がり、スクワットとくしゃみを交互に行う事で体内から精子を押し出すという避妊方法がありました。

古代中国では妾や売春婦の女性達が性行為の後に水銀を飲む事で妊娠しないようにしていました。
水銀は液体にしたり錠剤にしたりして使用されていましたが、実際に避妊に効果があったかどうかは謎です。
しかし水銀を体内に入れる事で頭痛がおきたり腫瘍が出来たり、腎不全になったり運が悪ければ死亡してしまう等の悪影響がある事からそれ程長続きはしなかった事は想像出来ます。
同じアジアの日本では13世紀頃、カメの甲羅で作った硬い避妊具、今で言うコンドームのようなものを装着して避妊していたとの記録が残っています。

16世紀頃のイギリスでは、女性器をお酢で洗う事で膣洗浄を行い精子を殺傷できると信じられていました。
売春婦の女性達はお酢に浸されたスポンジのようなものを使用していたという記録もあります。
このように避妊の歴史をたどってみるとかなりの昔からヨーロッパやアジア等、世界中で様々な避妊方法があった事を確認する事が出来ます。

現代の最新のコンドーム

現代では医学的な見地からコンドームが開発され、安全性が高い避妊具として世界中で認められています。
昔の避妊方法である水銀やハチミツ、酢といった方法では、男女互いに苦しく効果も少ない事が医学の進歩により判明しています。

セックスの多様化によりニーズも増えて、カメの甲羅で作る避妊具では女性が苦労し、スクワットや洗浄といったこれらの方法全てが女性に負担がかかるものでした。
互いに気持ちよく負担のない避妊方法として開発されたコンドームは画期的な避妊具であり、これまでの歴史を覆すものでした。
今やコンビニでも販売されている程であり、素材や種類も進化を続けています。

ゴムの研究も進められ、技術も向上してゴムの代わりに天然素材を使用したイソプレンラバーも開発されています。
互いにセックスを楽しむ為に、付け心地や熱伝導等計算され、昔とは全く違う避妊方法が確立されました。
現代ではコンドームは一般的になり、いつしかより良い物をと消費者からの要望が高まっています。
最新のコンドームでは薄さ・コスパ・女性が選ぶといった分類別に開発されています。
薄さでは当初0,3mmの厚さが限界で、素材の耐久性の背景からそれ以上薄くできませんでした。

コンドームは安全性も重視する必要があるのでどうしても破れる可能性は排す必要があるのです。
技術進歩に伴い、現在は0.1mmの薄さのものも販売されています。耐久性は依然と変わらないという優れものです。

女性目線でも開発が行われ、コンドームはどうしても乾いてしまいがちです。
それは女性にとって痛みにも繋がるという事で、ジェル付きのものも販売されました。
コスパについては今や工場のライン確保や技術進歩によりコストが減って、1000円あれば10回分が平均で購入できます。
ホットジェルや可愛い柄の製品もあり、楽しみを感じられるコンドームが増えています。