• ホーム
  • 避妊に非協力的な男性に物申す!

避妊に非協力的な男性に物申す!

パートナーに対してとても紳士的な男性もいますが、避妊に非協力的な男性は少なくありません。
本当にパートナーのことを愛していたら、協力することが当たり前ではありませんか。
珍しいけれど、ゴムアレルギーだからコンドームが苦手ということもあるでしょう。
だから協力できないと言うかもしれませんが、それならばパイプカットがあるではないですか。

ただ、さすがにパイプカットしてしまうと子供を作れなくなりますから、安易に選択できないでしょう。
ゴムアレルギーの人にとってはかなり難しい問題かもしれませんが、ほとんどの男性はゴムアレルギーではありません。

なぜ、避妊に非協力的なのか本音を探ってみると、やはり快楽が欲しいのです。
避妊しない方が良いとは言え、パートナーが妊娠する恐れが高いので本当に思いやりがあれば我慢できるのではと女性は思うでしょう。

快楽の方が大事だと聞くと女性は思いやりのない男性だったのだとがっかりするかもしれませんが、基本的に男性は自分の遺伝子を残したい気持ちが強いので避妊に非協力的になりやすいです。
そうは言っても、女性からすれば妊娠したらどうすれば良いのだと不安に思ってしまいます。

中には真剣に結婚を考えており、妊娠したら結婚しようと思っている可能性もあります。
どうしてもプロポーズする勇気がない男性も大勢いますので、このようなケースも考えられます。
実際に女性の妊娠を機に結婚するカップルが多いです。

避妊に非協力的な男性に避妊をと思ったら、言葉でしっかりと伝えることが効果的です。
愛情がないわけではないけれど、きちんと避妊して欲しいとはっきりと伝えてください。
これを言ったらどんな態度をされるのか怖いかもしれません。

逆を言うと女性にこのような気持ちにさせること自体が良いことではありません。
世の中の避妊に非協力的な男性はこの問題を軽く考えていませんか。
女性にとってはとても大きな問題ですから、責任が持てないなら避妊に協力すべきです。

男性の本音とは?

妊娠を希望していない段階でのセックスを楽しみたいなら、避妊に対してきちんと対策を取ることがパートナーに対する思いやりです。
快楽を優先することで非協力的な行動を取ってしまうというだけではなく、実は男性の本音を探るとムードが壊れる、途中でコンドームを付けることで女性側が白けてしまうと考えている方も多いようです。

実際のところ映画やアダルトDVDなどでは、セックスの流れの中でコンドームをスマートに装着するような場面は出て来ません。
盛り上がったムードを落とすことなくコンドームを装着することが出来れば、多少自分側の感度が落ちたとしてもきちんと避妊をするのにといった声も聞かれます。

またコンドームの避妊成功率をもっとも効果的に上げたいならば、当然、男性器が勃起した状態での装着が望ましいです。
途中破損などのリスクを少しでも抑えるならば、付けてすぐに挿入し射精後はすぐに膣内から抜き取るのが安全だとされています。
しかしこのような行為はとてもムードがあるものとは言えず、避妊を望む女性側としても少し気持ちが引いてしまうと感じる方もいるでしょう。

また、常に新しいコンドームを用意しておくというのが面倒だという意見もあったり、彼女が用意してくれていたら装着するといったとんでもない言葉を吐く男性もいます。
そもそもセックスは男女が一緒に楽しむものなので恥ずかしがらずに真剣に話し合い、お互いの協力のもと望まぬ妊娠が起きてしまわないようにしなければなりません。

パイプカットはハードルが高い、ゴムアレルギーだからというのは言い分けに過ぎず、アレルギー体質用のコンドームも売られているので、装着するステップもセックスの一部として楽しめるようにしたいものです。